きれいになるための情報局

妊娠線予防クリーム22

妊娠線はできやすい人とできにくい人が存在します。
妊娠した時の線ができやすい人とは、「乾燥肌が気になる人」「高齢で赤ちゃんを産む人」「細い人」「皮下脂肪が多い人」「双子や三つ子などの多胎妊娠」「二人目以降のお母さん」「自分のお母さんにマタニティマークがある人」というポイントが挙げられます。そうはいっても、もしあなたに当てはまる項目が多くても問題として考えすぎないように。きちんと保湿ケアと体重管理で「ストレッチマークができなかった」というお母さんもいます。

 

 

 

妊娠線を防止したい人はできるだけ早いうちから保湿をスタートさせて、体重の調整にも気を付けましょう。妊娠時にできる線をできないようにするためにはどれぐらいの頃から始めるといいのでしょうか。お腹が目立たないうちはピリピリ感も気になったりしないので「問題ない」と思われるかもしれません。
が!本当にお腹の肉割れを防ぎたいなら今すぐに保湿することを勧めます。よくお店で見かけるボディ専用のクリームと妊娠線予防のための保湿アイテムは何か違いがあるのでしょうか?実は、4つ、違うところがあります。「成分」「香り」「金額」「どこまで保湿してくれるのか」最初に、原料についてです。注意しなければいけないのは、「お腹に子どもがいる」ということ。
妊娠中はホルモンの上がり下がりが通常より崩れやすいので、現在まで肌に合っていた保湿ケアグッズも吹き出物ができたり、ヒリヒリ感があったりすることがあります。

 

 

その点、専用のものは、妊娠していても問題ないように刺激が少ない成分で作っています。
香りについても異なっています。
よくお店で見るような体用の保湿グッズは香料といういい香りをさせるものが入っていたり、ホルモンに影響を及ぼすアロマ入りだったりします。
妊娠初期のころは特に香りに敏感になりますし、妊娠の間は使用できない精油入りのこともあるので、気を付けなければいけません。金額の点でもお店で売られているものは安く入手できることが比較的に多い傾向にありますが、マタニティ専用のものは少し値段が高くなっているものが多い傾向にあります。

 

 

また、保湿ケアの力に関しても違います。

 

 

妊娠時の断裂線は表皮の奥の真皮がバリバリと裂けてしまう状態なので、内側から潤す必要があるというのはお分かりいただけることと思います。

 

 

ゆえに、保湿する力が高く、真皮まで潤してくれるものの方が安心感があります。
妊娠線を防止するためには、もしストレッチマークができても仕方がないと思えるものを購入するようにしてくださいね。

 

ストレッチマークとは急に大きくなっていくお腹の皮膚が変化に耐えられず、真皮が裂けてしまってできる傷跡のこと。

 

妊娠して腹部のふくらみが目立ち始めることからできてしまいやすくなります。妊娠時のお腹の肉割れは皮膚の奥の方の真皮のあたりに作られてしまうので、一度できてしまった妊娠線は元に戻せないと言われています。妊娠時の肉割れができやすい場所とは腹部以外にもバストやヒップ、太ももなどがあります。いわゆる、脂肪があって柔らかいところに現れやすいということ。
お尻や太ももの部分など後ろ側は特にチェックを忘れがちなので気を付けて保湿クリームやオイルを塗りましょう。また、お腹が大きくなり始めると下部がわかりにくくなるので特に丁寧にクリームやオイルを塗ることが必要です。

 

妊娠線予防はどれを使うと良い?ランキングを見てみよう!!