きれいになるための情報局

妊娠線予防クリーム4

妊娠線を防ぐ方法はいつから始めるといいのでしょうか。お腹が目立たないうちは特に乾燥も気になったりしないので「大丈夫」と思っているのではないでしょうか。
でも、もし本気でお腹の肉割れを防止したいなら可能な限り早く肌を潤すことをおすすめします。
妊娠時にできる線は急激に大きくなるお腹についていけず、真皮が裂けて作られる傷跡のこと。

 

 

妊娠してしばらく経ちお腹周りが大きくなったころから表れやすくなります。

 

妊娠時のお腹の肉割れは表皮の奥の真皮に作られてしまうので、妊娠線が一度できてしまうとない状態まで戻すのは難しいと言われています。ストレッチマークが表れやすい箇所はお腹の他にもバストやヒップ、太ももなどがあります。つまり、お肉がたっぷりあるところに現れやすいということ。

 

お尻や太ももの部分などふだん目に見えにくいところは特に見えにくいので注意して肌に潤いを与えてあげましょう。そして、腹部が前に張り出すようになってくると下腹部が見えにくくなるので気を付けて保湿することがポイントです。
妊娠時の肉割れはできてしまいやすい人とそうでない人がいます。妊娠時の肉割れが作られやすい人とは「カサカサ肌の人」「高齢で赤ちゃんを産む人」「小さくて痩せている人」「太目の人」「多胎妊娠」「一度妊娠、出産を終えた人」「母親のお腹に妊娠線がある人」といったケースがよくあります。

 

でも、もしあなたに当てはまる項目が多くても気を楽にしてください。

 

 

 

頻繁な潤いを補給することとゆっくり体重を増やすことで「ストレッチマークが表出しなかった」という先輩ママさんももちろんいるんです。妊娠時の断裂線を防止したい人はできるだけ早くケアを始めて、体重の調整にもチェックしましょう。一般に売られているボディ専用のクリームと妊娠線を防止するための保湿アイテムはどういった点が違うのでしょうか?実は、違うところは4つです。
「成分」「芳香」「価格」「保湿ケア力」まず、中に入っている成分についてです。

 

 

気を付けなければいけないのは、「お腹に赤ちゃんがいる」ということ。お腹に子どもがいる時は、ホルモンがいつもよりも大きく変化するのでついこの間まで使えていた保湿アイテムもぶつぶつになったり、「かゆい!」と感じたりすることも。

 

でも、マタニティ期専用のアイテムは妊娠していつもとお肌の状態が違っても問題なく使えるようにお肌のことを考えた成分で製造されています。

 

香りも異なっています。ふつうの母子用保湿クリームは香料が使われているものがあったり、ホルモンに影響を及ぼすアロマ入りだったりします。

 

 

 

つわりで苦しいときは特に香りで気持ち悪くなる場合もありますし、妊娠時は不適切なエッセンシャルオイルが成分に含まれていることもあるので、注意を払いましょう。

 

 

 

商品の代金についてもお店で売られているものは安く手に入ることが比較的に多い傾向にありますが、妊娠中に使うものは少し値段が高くなっているものが多いと思われます。
また、保湿力に関しても差異があります。

 

 

 

妊娠時にできる線は真皮が割れ、断裂してできてしまう状態なので、内側から潤す必要があるのです。

 

なので、保湿力が高くできるだけ表皮ではなく、真皮まで保湿成分が行きわたるようなものの方が安心です。
妊娠時の肉割れを食い止めたいのであれば、万一妊娠線ができてしまっても気持ちが切り替えられるようなものを選ぶことをお勧めします。

 

妊娠線予防をしたい人限定のおすすめ保湿ランキングをチェックするならこちらから♪