きれいになるための情報局

妊娠線予防クリーム2

妊娠時の肉割れが作られやすいところはお腹周りの他にも胸、お尻、太ももといった場所が危険です。いわゆる、脂肪がたくさんある部分ができやすいということです。太ももやお尻といった後ろの部分はかなり見えにくいので忘れないように肌に潤いを与えてあげましょう。

 

お腹周辺が前に張り出すようになってくると下の方が見えにくくなるので気を付けてケアすることが大切です。妊娠線を防ぐ方法はどの時期から始めるといいのでしょうか。腹部が小さい頃はかゆみもないので「大丈夫」と考えておられるかもしれません。
でも、もし本気で妊娠線を防止したいならできるだけ早く肌を潤すことをおすすめします。

 

 

妊娠時の肉割れはできる人、できない人がおります。妊娠した時の線が作られやすい人とは「ドライ肌の人」「年を重ねている人」「小さくて痩せている人」「太目で皮下脂肪がある人」「双胎(二人)、品胎(三人)以上お腹にいる人」「経産婦」「母親が妊娠線持ち」といったケースが挙げられます。

 

そうはいっても、もし妊娠線ができやすそうなタイプの人でも大丈夫です。

 

きちんと保湿ケアとゆっくり体重を増やすことで「ストレッチマークができなかった」というお母さんもいます。

 

 

 

妊娠の時にできる線を作るのが嫌な人はできるだけ早いうちから保湿をスタートさせて、体重管理も意識しておきましょう。
ドラッグストアなどに置いてある体用のクリームやオイルなどの保湿ケアグッズと妊娠線を防止するための保湿アイテムはどういった点が違うのでしょうか?実は、ポイントは4か所です。「何が入っているのか」「香り」「金額」「どこまで潤してくれるのか」まず、中に入っている成分についてです。

 

注意しなければいけないのは、「お腹に子どもがいる」ということ。
お腹に子どもがいる時は、女性ホルモンが妊娠していない時よりも大きく変わりやすいので、現在まで問題が見られなかった保湿クリームやオイルもニキビができたり、かゆくなったりすることも。

 

 

 

ですが、専用のクリームやオイルは、妊娠していつもとお肌の状態が違っても問題ないようにお肌のことを考えた成分でできています。

 

 

香りも異なっています。

 

 

ふつうの母子用保湿クリームは香料が使われているものがあったり、ホルモンに影響のあるエッセンシャルオイルが使用されていたりします。つわりの期間は特に香りで気持ち悪くなる場合もありますし、妊娠時は不適切な精油入りのこともあるので、注意を払いましょう。
値段についてもお店で販売されているものは安い場合が多数ですが、妊娠しているとき専用のものはやや高価な場合が多いと思われます。

 

 

また、保湿による効果に関しても異なっています。
妊娠時の断裂線は真皮がひび割れてしまう状態なので、内側から潤す必要があるんです。

 

ゆえに、保湿成分が豊富で、できるだけ真皮の方まで潤いが届く処方のものの方が安心できるということです。

 

妊娠時の肉割れをできたくないのであれば、万一妊娠線ができてしまっても気持ちが切り替えられるようなものを選び、購入してください。

 

 

妊娠時のお腹の肉割れは短期間で大きくなるお腹に皮膚がついていくことができず、皮膚の下にある真皮が裂け、できる断裂跡のこと。

 

妊娠5〜7か月でお腹が大きくなり始めたころからできてしまいやすくなります。ストレッチマークは皮膚の深部にある真皮のあたりに作られてしまうので、一度できてしまった妊娠線は元に戻せないと言われています。

 

妊娠線予防クリームをアラサー妊婦が独断と偏見で口コミランキング付けしてみた