きれいになるための情報局

妊娠線予防クリーム8

妊娠時の肉割れができやすい場所とはお腹周りの他にも太もも、お尻、胸などもできやすいです。
いわゆる、脂肪がたくさんある部分ができやすいということです。
ヒップ、そして太ももの後ろの部分はかなりチェックを忘れがちなので意識してクリームやオイルで潤しましょう。それだけでなく、お腹周りがスイカのように丸々してくると下腹部が見えにくくなるので注意してケアすることがポイントです。ストレッチマークをできないようにするためにはどの時期からスタートするべきでしょうか。
お腹がまだ小さいうちはピリピリ感も感じないので「まだ大丈夫」と考えておられるかもしれません。

 

 

でも、もし本気で妊娠時にできる線を防ぎたいなら可能な限り早くクリームやオイルを塗ることをご提案します。

 

ストレッチマークとはどんどん大きくなるお腹についていくことができず、真皮という組織が裂けて作られてしまう断裂した傷跡のこと。

 

 

 

妊娠5〜7か月で腹部のふくらみが目立ち始めることからできてしまいやすくなります。
妊娠時のお腹の肉割れは皮膚の深部にある真皮のあたりにできてしまうので、断裂線が一度できると元に戻せないと言われるのが一般的です。

 

 

 

一般に売られているボディケア用のアイテムと妊娠線予防のための潤すためのアイテムはどういった点が違うのでしょうか?大体、違いは4つあります。「原料」「芳香」「金額」「保湿力の高さ」まずは、成分です。

 

 

念頭に置くべきなのは、「妊娠している」ということ。
お腹に子どもがいる時は、ホルモンの上がり下がりがいつもよりも大きく変化するので今まで特に使えていた保湿アイテムも肌荒れを起こしたり、かゆみを感じたりすることが考えられます。でも、マタニティ期専用のアイテムは敏感肌の時期でも使っても大丈夫なようにお肌に刺激の少ない処方でできているんです。香りについても異なります。

 

ふつうの母子用保湿クリームは香りづけの余計な成分が入っていたり、ホルモンが分泌されるようなエッセンシャルオイルが使用されていたりします。

 

 

 

つわりで苦しいときは特に香りに敏感になりますし、妊娠中に使えないエッセンシャルオイルが成分に含まれていることもあるので、注意を払いましょう。

 

値段についてもお店で販売されているものは安く入手できることが多数ですが、マタニティ期に使うものは高価なことが多いです。また、保湿による効果に関しても違うところがあります。妊娠時にできる線は真皮にヒビができてしまうので、防ぐためには内側を保湿する必要があると考えられています。
ですので、保湿力が高く、できるだけ真皮の方まで潤いが届く処方のものの方が安心です。妊娠時の肉割れを予防したいなら、万一お腹や胸、太ももに肉割れができても仕方がないと思えるものを選ぶようにしてくださいね。妊娠線はできる人、できない人がいるんです。

 

 

妊娠線が現れやすい人とは「乾燥肌の人」「高齢出産の人」「小さくて痩せている人」「太目の人」「多胎妊娠」「二人目以降のお母さん」「自分のお母さんにマタニティマークがある人」といった特徴がよくあります。

 

そうはいっても、もし、「私、妊娠線できやすいタイプかも」と思っても心配しすぎないようにしてください。

 

 

 

頻繁な保湿対策と体重をに気を付けることで「妊娠時の肉割れが現れなかった」といった女性もおられます。妊娠時の断裂線を予防したい人は可能な限り早めにクリームやオイルを塗って、体重の調整にも注意を払いましょう。

 

 

 

→妊娠線を予防したい?それならこれがおすすめですよ^^