きれいになるための情報局

妊娠線クリーム6

ストレッチマークはできる人、できない人がおります。

 

妊娠した時の線ができやすい人とは、「ドライ肌の人」「高齢での出産に臨む人」「小さくて痩せている人」「太目で皮下脂肪がある人」「双子や三つ子などの多胎妊娠」「すでに出産をしたことがある人」「遺伝的傾向」といった特徴があります。そうはいっても、もし「妊娠線、できやすいタイプだ」と感じても大丈夫です。
毎朝、毎晩の保湿と体重を急に増やさないことで「妊娠時の肉割れが防げた」という方ももちろんいます。

 

ストレッチマークを防ぎたい人はできるだけ早くケアを始めて、体重についても気を付けましょう。
妊娠時の線が作られやすいところは腹部以外にも胸、お尻、太ももといった場所が危険です。

 

つまり、お肉がたっぷりある部分ができやすいということです。
太ももやお尻といった後ろ側は特にチェックを忘れがちなので気を付けて肌に潤いを与えてあげましょう。そして、腹部が大きくなり始めると下の方がチェックしにくくなるので注意してクリームやオイルを塗ることがポイントです。

 

 

妊娠時にできる線は急激に大きくなるお腹についていくことができず、真皮という組織が裂けてできる傷跡のこと。妊娠してしばらく経ちお腹周りが大きくなったころからできやすくなります。ストレッチマークは表皮の奥の真皮のあたりに作られてしまうので、一度できてしまった妊娠線は治すのは不可能と言われるのが一般的です。お腹の肉割れを防止方法はどの時期から始めるといいのでしょうか。腹部が小さいうちは乾燥も感じないので「まだ大丈夫」と思うかもしれません。
が!本当にお腹の肉割れを作りたくないなら今すぐに肌を潤すことを勧めます。

 

よくお店で見かけるボディクリームと妊娠時に使うクリームやオイルは何か違いがあるのでしょうか?大まかに分けると、違いは4つあります。「成分」「芳香」「金額」「どこまで保湿してくれるのか」まずは、成分です。注意するべきは、「お腹に赤ちゃんがいる」ということ。
お腹に赤ちゃんがいる時は、ホルモンの上がり下がりがいつもよりも大きく変わりやすいので、今まで特に問題がなかった保湿アイテムもニキビができたり、ヒリヒリ感があったりします。でも、マタニティ期専用のアイテムは妊娠中でも問題ないようにお肌のことを考えた成分で作られています。香りについても違いがみられます。

 

一般に売られているボディケア用品は香料が使われていたり、ホルモンに影響のあるエッセンシャルオイルが使用されていたりします。

 

つわりで苦しいときは特に香りが気になりますし、妊娠の間は使用できないアロマが用いられていることもあるので、気を付けましょう。金額の点でもよく目にするものは安く手に入ることが多数ですが、マタニティ専用のものは若干価格が高いものが多い傾向にあります。また、保湿力に関しても違うところがあります。妊娠時の断裂線は真皮にヒビができてしまうので、内側から潤す必要があります。
なので、保湿力が高く可能な限り肌の奥の方まで保湿する力が高い方が安心です。
妊娠線を予防したいなら、もし妊娠線が体にできてしまっても「これでできてしまったなら仕方ない」と思えるようなものを購入することをおすすめします。

 

妊娠線予防 おすすめ クリーム