妊娠線予防のまとめA

妊娠線についてのまとめA

妊娠線はできる人、できない人がいたりします。ストレッチマークができやすい人とは、「カサカサ肌の人」「35歳以上」「小さくて痩せている人」「脂肪がたっぷりある人」「多胎妊娠」「すでに出産をしたことがある人」「遺伝的傾向」といった特徴が目立ちます。ただ、もし、「私、妊娠線できやすいタイプかも」と思っても大丈夫です。日々の保湿とゆっくり体重を増やすことで「ストレッチマークが表出しなかった」というお母さんももちろんいます。妊娠時の肉割れを防ぎたい人は知った今からクリームやオイルを塗って、体重が急に増えないように注意を払いましょう。妊娠時にできる線は急激に大きくなるお腹についていくことができず、真皮が裂けて作られてしまう傷跡のこと。妊娠してしばらく経ちお腹のふくらみが目立つようになるなったころからできやすくなります。ストレッチマークは皮膚の奥の方の真皮という組織細胞にできてしまうので、妊娠線が一度できてしまうと元に戻せないと言われるのが一般的です。ストレッチマークが表れやすい箇所は腹部以外にも胸、お尻、太ももといった場所が危険です。つまり、お肉がたっぷりある部分に出現するということなんです。太ももやお尻などふだん目に見えにくいところは特に見ることが難しいので注意して保湿クリームやオイルを塗りましょう。お腹周辺が前に張り出すようになってくると下の方が確認しづらくなるので気を付けて潤してあげることがポイントです。お腹の肉割れを防ぐ方法はどれぐらいの頃からスタートするべきでしょうか。腹部が小さい頃はかゆみも気にならないので「大丈夫」と思うかもしれません。しかし、本気でお腹の肉割れを予防したいならできるだけ早く肌を潤すことを推奨します。市販されているボディクリームと妊娠時に使うクリームやオイルは何か違いがあるのでしょうか?ざっくり言うと、違いは4つあります。「何が入っているのか」「かおり」「金額」「保湿力」まず、何が入っているのかについてです。気を付けるべきなのは、「妊娠している」ということ。お腹に赤ちゃんがいる時は、ホルモンのバランスがいつもよりも変化しやすいので、現在まで使えていた保湿ケアグッズも肌荒れを起こしたり、何か違和感があったりすることがあります。その点、妊娠しているとき用に作られているものは、妊娠していても大丈夫なように低刺激な成分でできているんです。香りについても異なっています。市販のボディクリームは香料という余分なものが入っていたり、ホルモンに働きかけるアロマ入りだったりします。つわりの期間は特に香りが気になりますし、妊娠中に使えない精油入りのこともあるので、気を付けなければいけません。価格に関してもお店で販売されているものは安く手に入ることが比較的に多い傾向にありますが、妊娠中に使うものは少し値段が高くなっているものが多いです。また、保湿についても差異があります。妊娠時にできる肉割れは真皮が裂けてできる状態なので、内側を保湿する必要があります。ゆえに、保湿成分が豊富で、可能な限り肌の奥の方まで保湿成分が行きわたるようなものの方が安心でしょう。妊娠しているときにできる肉割れを食い止めたいのであれば、万一妊娠線ができてしまっても気持ちが切り替えられるようなものを選ぶことをお勧めします。

 

妊娠線予防するならこの人気商品にするべし!