きれいになるための情報局

妊娠線予防クリーム11

身体をゆったりともみつつ妊娠線クリームを塗っていくことで、心身のリラックス効果も期待できます。これから生まれてくるわが子に語り掛けながらまったりとストレッチマーク予防を行うのもおすすめです。

 

ストレッチマークとは短期間で大きくなるお腹周りの皮膚がついていけず、真皮という組織が裂けて作られる断裂跡のこと。

 

 

妊娠5〜7か月でお腹が大きくなり始めたころから表れやすくなります。妊娠時にできる線は表皮の深部にある真皮という組織細胞に発生するので、一旦できてしまうと治すのは不可能と考えられています。妊娠時に使うオイルと妊娠線クリームの違いは、油分、水分がどれぐらい入っているかです。
妊娠線専用のオイルはクリームよりも油分が多いので、保湿パワーは相対的に高いものと言われています。

 

 

ただ、妊娠線オイルは精油の香りや使い勝手が独特であることもあるので好きではない人もいます。
妊娠線はできやすい人とできにくい人がいたりします。ストレッチマークができやすい人とは、「ドライ肌の人」「35歳以上」「小さくて痩せている人」「皮下脂肪が多い人」「多胎妊娠」「二人目以降のお母さん」「母親が妊娠線持ち」という項目がみられます。

 

ただ、もしあなたに当てはまる項目が多くても問題として考えすぎないように。
毎朝、毎晩の潤いを補給することと体重管理で「マタニティマークができなかった」といった女性ももちろんいるんです。妊娠線を予防したい人は今すぐにクリームやオイルを塗って、体重の調整にも注意しましょう。

 

 

妊娠線クリームの塗り忘れがないよう、お腹の下の方や臀部、背中の部分など、塗りにくいところは、あなたのご主人さまにも協力してもらいながら保湿ケアすると、ケアし忘れている状態を防げます。

 

ストレッチマークの潤すケアは入浴した後に行うと良いです。

 

全身が温かくなっていて血が全身に行きわたっており、水分がお肌全体に届いているからです。

 

マザークリームが気になるあなた!このランキングは必見です!