きれいになるための情報局

妊娠線予防クリーム7

一般に売られているボディクリームと妊娠線を予防するための保湿アイテムはどう違いがあるのでしょうか?大まかに分けると、違うところは4つです。

 

 

「中に入っている成分」「芳香」「値段の高さ」「保湿力」まず、中に入っている成分についてです。

 

気を付けるべきなのは、「妊娠中」だということ。

 

マタニティ期はホルモンがお腹に赤ちゃんを宿す前より崩れやすいので、今まで特に問題が見られなかった保湿アイテムも肌荒れを起こしたり、かゆみを感じたりするんです。その点、専用のものは、ホルモンバランスが崩れやすい時期でも大丈夫なようにお肌に優しい成分で製造されています。

 

においについても異なります。市販のボディクリームは香料という余分なものが入っていたり、ホルモンが分泌されるような精油が入っていたりします。

 

 

つわりで苦しいときは特に香りで吐き気を催すこともありますし、妊娠中に使ってはいけない精油入りのこともあるので、気を付けるべきです。
価格に関してもよく目にするものは安価であることが多いのですが、マタニティ期に使うものは支払うお金がやや増えてしまう場合が多い傾向にあります。
また、保湿ケアの力に関しても差異があります。ストレッチマークは真皮がひび割れてしまう状態なので、内側を保湿する必要があるのです。

 

ですので、保湿力が高く、可能な限り肌の奥の方まで潤いが届く処方のものの方が安心感があります。

 

 

ストレッチマークを予防したいなら、万一お腹や胸、太ももに肉割れができても気持ちが切り替えられるようなものを選ぶようにしてくださいね。

 

 

 

妊娠線を防ぐ方法はいつ頃からスタートするべきでしょうか。
腹部がまだ小さいうちはピリピリ感もないので「まだ大丈夫」と思うかもしれません。

 

 

 

しかし、本気でストレッチマークを防止したいならできるだけ早い時期からクリームやオイルを塗ることをご提案します。
妊娠線は作られやすい人、作られにくい人が存在します。

 

 

妊娠線が現れやすい人とは「肌が乾燥している人」「高齢での出産に臨む人」「小さくてスマートな人」「太目の人」「双子や三つ子などの多胎妊娠」「一度妊娠、出産を終えた人」「母親が妊娠線持ち」といった特徴がみられます。そうはいっても、もし、「私、妊娠線できやすいタイプかも」と思っても問題として考えすぎないように。頻繁な保湿対策とゆっくり体重を増やすことで「マタニティマークが表出しなかった」という人ももちろんいます。
ストレッチマークを作りたくない人は今すぐに保湿をスタートさせて、体重が急に増えないように注意を払いましょう。妊娠時にできる線は短期間で大きくなっていくお腹周りの変化に耐えられず、皮膚の下にある真皮が裂け、できる断裂した傷跡のこと。

 

妊娠してお腹のふくらみが目立つようになるなったころからできてしまいやすくなります。
妊娠線は皮膚の深部にある真皮にできるので、一度できてしまった妊娠線は治すのは不可能と言われるのが一般的です。ストレッチマークができやすい場所とはお腹周りの他にも太もも、お尻、胸などもできやすいです。

 

つまり、脂肪が多いところに現れやすいということ。
ヒップ、そして太ももの後ろ側は特にチェックを忘れがちなので忘れないようにクリームやオイルで潤しましょう。お腹周辺がスイカのように丸々してくると下部が見えにくくなるので特に丁寧にケアすることが大切です。

 

 

>>マザークリームのおすすめはこれっ!!!必見のランキングはこちら