妊娠線予防についてまとめ

妊娠線予防についてまとめ@

ストレッチマークができてしまいやすい部分はお腹周りの他にも太もも、お尻、胸などもできやすいです。つまり、お肉がたっぷりある箇所ができてしまいやすいということです。太ももやお尻など後ろ側は特に確認しづらいので気を付けて保湿ケアをしましょう。

 

そして、腹部が大きくなり始めると下腹部が確認しづらくなるので意識して潤してあげることがポイントです。

 

妊娠線とはどんどん大きくなっていくお腹の皮膚が変化に耐えることができず、真皮が裂けてできてしまう断裂した傷跡のこと。

 

妊娠中期お腹のふくらみが目立つようになるなったころからできてしまいやすくなります。

 

妊娠時にできる線は皮膚の深部にある真皮細胞などにできてしまうので、妊娠線が一度できてしまうと消すことはできないと考えられています。

 

ストレッチマークを防止方法はいつから始めるのが望ましいのでしょうか。

 

腹部が目立たないうちはピリピリ感も気になったりしないので「問題ない」と思われるかもしれません。

 

が!本当にお腹の肉割れを防止したいなら今すぐに保湿ケアすることをおすすめします。

 

よくお店で見かけるボディ専用のクリームとストレッチマークを作らないための保湿ケアグッズは何か違いがあるのでしょうか?

 

大まかに分けると、ポイントは4か所です。「原料」「におい」「価格」「保湿力」まず、入っているものは何かということです。

 

念頭に置くべきなのは、「妊娠している」ということ。
お腹に赤ちゃんがいる時は、ホルモンがお腹に赤ちゃんを宿す前より大きく崩れやすいので、現在まで特に問題が見られなかった保湿クリームやオイルもぶつぶつになったり、かゆくなったりすることがあります。

 

でも、マタニティ期専用のアイテムは敏感肌の時期でも問題なく使えるようにお肌に優しい成分で作っています。

 

においについても違いがあります。市販されているボディクリームやオイルは香料という余分なものが入っていたり、ホルモンに影響を及ぼす精油が使われたりします。つわりで苦しいときは特に香りが気になりますし、妊娠時は不適切なエッセンシャルオイルが成分に含まれていることもあるので、気を付けましょう。

 

金額の点でもお店で販売されているものは安い場合が多数ですが、妊娠中に使うものは高価なことが多いと思われます。

 

また、保湿力に関しても異なっています。妊娠線は真皮にヒビができてしまうので、肌の内側まで保湿成分を染み込ませる必要があるのです。ゆえに、保湿する力が高く、可能な限り真皮まで潤いが届く処方のものの方が効果が期待できます。

 

妊娠時にできる断裂線をできたくないのであれば、万一お腹や胸、太ももに肉割れができても「専用のものを使えばよかった」と思わないようなものを選ぶことをお勧めします。

 

 

妊娠した時の線は現れやすい人とそうでない人がおります。ストレッチマークが現れやすい人とは「ドライ肌の人」「高齢で赤ちゃんを産む人」「細い人」「太目で皮下脂肪がある人」「お腹に二人以上子どもがいる人」「二人目以降のお母さん」「自分のお母さんにマタニティマークがある人」といった特徴がよくあります。
でも、もし妊娠線ができやすそうなタイプの人でも問題として考えすぎないように。

 

日々の妊娠線予防のケアと体重管理で「妊娠線が作られなかった」といった女性も存在します。妊娠時の肉割れを作るのが嫌な人は知った今からケアを始めて、体重も増やさないようにチェックしましょう。

 

miteteマタニティクリームおすすめはこちらから